ルイ・ヴィトン改

null
こんなふうに仕上がっていたんですね。ルイ・ヴィトン改といっても誰かが勝手にやったものではなく、ルイ・ヴィトンとコム・デ・ギャルソンによる正式なコラボレーションによるもの。ギャルソンがどうモノグラムに手を加えてくるのか?と期待していましたが今回はモノグラムには手は加えられずハンドル部分のカスタムやおまけでチャームが付いたりとかそのへんにとどまっています。ヴィトン側から厳しい制約があったのかもしれません。

http://ameblo.jp/bon-bon-bonjour/entry-101158627...

Comments

No comments yet

Add Comment

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。
コメントは承認後に表示されます。
Numero TOKYO(ヌメロトウキョウ) 2016 年 01・02 月号
Numero TOKYO(ヌメロトウキョウ) 2016 年 01・02 月号
 (Amazonプライス)
なし (Amazonポイント)

ABOVE MAGAZINE vol.5 (サンエイムック)
ABOVE MAGAZINE vol.5 (サンエイムック)
 (Amazonプライス)
なし (Amazonポイント)

GRIND(グラインド) 2015年 12 月号 [雑誌] (THE MODERN MILITARY)
GRIND(グラインド) 2015年 12 月号 [雑誌] (THE MODERN MILITARY)
 (Amazonプライス)
なし (Amazonポイント)

MONOQLO(モノクロ) 2015年 11 月号 [雑誌]
MONOQLO(モノクロ) 2015年 11 月号 [雑誌]
 (Amazonプライス)
なし (Amazonポイント)