ハイロック的 音楽のすすめ

新しい音楽系情報サイト「Optimanotes」が立ち上がりました。光栄にも連載のお声がけをいただき、「ハイロック的 音楽のすすめ」がスタート。僕は音楽家でも、音楽に関わる仕事をしている訳でもないので、「音」とという広い視点で少し斜めな切り口で連載していければと思っています。まずはご挨拶で、ちょっと照れくさいBOØWYが大好きだった中学生時代のお話を。

http://optimanotes.com/archives/1153

秋元康はいかにして秋元康になったのか?

>ぼくはずっと17歳の夏のままなんです。ひとりのリスナーであり、視聴者であり、購買者。送り手の側に立ったいまも、受け手である向こう側の17歳のぼくがどう感じるかということをいつも考えています。もともと高校生や大学生のころのぼくがラジオやテレビで重宝されたのは、その目線を持っていたから。

http://gqjapan.jp/more/business/20151010/documen...

J・J・エイブラムスの謎の箱

スターウォーズ新エピソードが公開されたばかりの監督、J・J・エイブラムスのTED講演。この謎の箱の話の中に彼の映画作りのベースが見えてきます。面白い講演でした。

>J・J・エイブラムスが見えない謎に対する愛着について語ります。彼のこの情熱は、「クローバーフィールド」、「LOST」、「エイリアス」をはじめとする映画やテレビ作品にはっきりと見て取ることができます。この謎に対する愛着を、彼はその不思議なはじまりへとたどっていきます。

https://www.ted.com/talks/j_j_abrams_mystery_box...

マツコは、なぜここまで人の心をつかむのか

>マツコ・デラックスさんは、なぜ視聴者と番組スタッフからこれほど求められているのか? ここではそのMCスタイルから魅力を探り、さらに、みなさんの仕事に生かすところまで考えていきます。

http://toyokeizai.net/articles/-/95528

ハイロック流『タブレットとのつきあい方』

ハニカム、ソフトバンクの企画で、『タブレットとのつきあい方』 についてインタビューを受けました。扉ページにはかっこいいイラストも描いていただきました。

http://www.honeyee.com/feature/2015/life_with_ta...

ルーカスがスターウォーズを手放した理由

>10年ぶりの新作『STAR WARS フォースの覚醒』公開までいよいよ一か月。スター・ウォーズ宇宙の創造主ことジョージ・ルーカスが、なぜ作品を手放してディズニーに売却する気になったのか、自身が育てたルーカスフィルムとJ.J. エイブラムスに今後を任せることにしたのかを明らかにしました。

http://japanese.engadget.com/2015/11/19/sw/

ハイロックのモノ選びに新境地

蔦屋・T-SITEさんに取材していただきました。「ハイロックのモノ選びに新境地」と題し、3つの記事に分けてアトリエの大特集を組んでいただきました。年末に重大発表をしようと思っていて、まずはその布石。

http://top.tsite.jp/lifestyle/interior/i/2630947...
http://top.tsite.jp/lifestyle/interior/i/2630947...
http://top.tsite.jp/lifestyle/lifetrend/i/263094...

SUUNTO KAILASH

SUUNTOから新しい腕時計「KAILASH」が発売。その特設サイトで7Rの遺伝子を持つ人間代表として、Francfranc、BALS TOKYOの代表の高島さん、陶芸家の大樋さんらとともにインタビューを受けさせていただきました。

>7Rは、世界の全人口の20%の人々が持つとされる常に新しいことに挑む冒険心が刻まれた遺伝子。自分自身と真剣に向き合う心を持ち、そして自分を磨き高め、常に新しいことに興味を持ちそれに向かって進む。

http://kailash.suunto-japan.jp/

平成生まれ女子たちがInstagramにハマる本当の理由

これは興味深い記事でした。昭和生まれの編集長と平成生まれ女子のやりとりのコントラストも最高。いま自分の周りの女の子たちもInstagramを検索エンジンとして使っていたり、写真をアップするだけのこのシンプルなサービスに奥深さを感じます。

http://kakeru.me/instagram/post-3198/

ハンティングワールド

ベーシックで高級感とカジュアル感のバランスが今の自分にぴったりフィットするブランド「ハンティングワールド」。創業者の冒険から始まったというブランド原点もかっこいい。少し前からバチューシリーズの財布とダッフルを使い始めて、「好きだー」と叫んでいたら公式にインタビューを受けさせてもらいました。

https://www.facebook.com/HUNTINGWORLDJapan/posts...
https://www.facebook.com/HUNTINGWORLDJapan/posts...
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 29 | 30 | 31 || Next»
Numero TOKYO(ヌメロトウキョウ) 2016 年 01・02 月号
Numero TOKYO(ヌメロトウキョウ) 2016 年 01・02 月号
 (Amazonプライス)
なし (Amazonポイント)

ABOVE MAGAZINE vol.5 (サンエイムック)
ABOVE MAGAZINE vol.5 (サンエイムック)
 (Amazonプライス)
なし (Amazonポイント)

GRIND(グラインド) 2015年 12 月号 [雑誌] (THE MODERN MILITARY)
GRIND(グラインド) 2015年 12 月号 [雑誌] (THE MODERN MILITARY)
 (Amazonプライス)
なし (Amazonポイント)

MONOQLO(モノクロ) 2015年 11 月号 [雑誌]
MONOQLO(モノクロ) 2015年 11 月号 [雑誌]
¥ 680 (Amazonプライス)
なし (Amazonポイント)